新しい画像 (9).bmp   Lubtech-logo-green.jpg
prospec2-b.jpg  LAPUTA_04.jpg   boron_logo_01.jpg
人気ブログランキングへ
ポチットクリックお願いします。ありがとうございました!

2008年08月17日

ロードスターの思い出


ロードスター01

俺はマツダのロードスターが好きで
約4年前まで結構乗っていたんだ

マツダのロードスター(海外〈米〉ではミアータロードスター)は
二人乗りでは台数的には世界で一番売れていると言われていたはずだ
(現在は調べてないのでわからないが)

人馬一体感の車
それがロードスター
ロードスターは車と人間が一番コミュニケーションがとれる車だ

ロードスター02

エンジンパワーがちょうどいい
エンジンパワーはありすぎてもなさすぎてもだめ
自然に、乗る人間の心を読んでくれるような
そんな一体感のある車がロードスターといえる

俺はロードスターを当時新車で買った
しかし、俺は自分好みに変えていく
最初まずボディー補強をし
当時のロードスターはハードトップをつける仕様も
あったのだけども、室内にロールバーを組んでしまうと
ほとんどハードトップをつけることができなかった



だから俺は設計変更をして自分の車用に
直してハードトップをつけれるようにした
この車を購入したのは1997年である
約7年くらいは好きで好きで乗り回していた
ほんとに今に比べて若かったし
自分で車を造ろうとする意欲がすごかった気がする

今はそれだけに時間を費やすことができない環境になって
しまったけれど、ひじょうに懐かしい
そんな時期の俺の心はきっと今より充実していたか
あるいは寂しかったかはわからないが
自分のことが中心に考えていたことは確かといえる

自分が楽しければ満足していた時代
やっぱり本当は今より寂しかったのかもしれないなあ

現在の新しい他メーカーのロードスターは
ほとんどが電動ハードトップをつけることができる仕様が
圧倒的に多い
なんと贅沢な時代になったのかと思う
ロードスターは本当はホロが一番だ
オープントップで軽くし
青空仰ぎながら走るロードスターが似合うのに
現在はなぜ重たい電動ハードトップをつけるのかと思う

おれの頃はマツダにも電動仕様はなかった
でもそれがありがたかったし
当然それは自然のことだと思っていたんだ

ロードスター04
しかし本当にかっこいい車だったよ君は

その頃マツダスピード社という所にたのみ
私のロードスターを
エンジンのチューニングの殆んどをたのんだ
たのんだ人間はルマン24時間で
マツダが優勝した時のエンジンに設計者で
とても信頼おける人間だった
彼は一流の腕を持つ人間
1800ccで180馬力仕様
にしてくれてあのリッター100馬力をきっちり出してくれて
とても軽快なNAエンジンを作ってくれたのだ

あー彼ともう一度話がしてみたい・・・
どうしているだろうか・・・
懐かしい

いろいろ事情もありこのロードスターを俺は手放してしまったが
ひじょうに後悔している

悔やまれてならない
ロードスター05

あの時ロードスターもあったのにもう一つ
好きな車であるマツダのRX7を俺は購入した

勿論RX7もそれもいい車だ
しかし何回かしか乗らない時に
俺以外の人間が乗り
事故ってしまった

結局ロードスターを絶対自分が手放さなかったら
RX7も事故によって破損することはなかった気がしてならない
ロードスターは俺のところにいて
もっと走りたかったに違いないんだ

かわいがってその車に執着すると車も答えてくれる
俺はマツダRX7に目移りしてしまった自分を後悔している

結局両車とも今は俺のそばにはいない
そんなものだ

執着する車を大切にする気持ち
車に必ず伝わっていく
それをロードスターは俺に教えてくれた
本当にいい車だった・・・
俺を何年間も楽しませてくれてありがとう


ロードスター03




posted by 博 at 16:07| 東京 🌁| マツダロードスター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月15日

憧れ…アストンマーチン(イギリス)

Aston.db9.coupe.300pix[1].jpg
           アストン・マーチンDB9     フりー百科事典より

俺の乗りたい車の一つ
アストンマーチン
イギリス車の看板車

同じイギリス車でロールスロイスはフォードアセダンの中の最高級
俺の回りでは、秦野中井での昔からの友人なのだが
夫婦で昔からロールスロイスを好んで乗っている
現在はシルバーのロールスロイスに乗っていて
全く絵になるんだよな
さすが世界の最高級車
この車に乗る夫婦はいつの時代も紳士と淑女
実に気持ちもよい夫婦である
気どらないけど、どこか映画にでてくるような気品がある夫婦
ロールスロイスを好む生き方をしている夫婦の姿は
車から感じてしまうのだ

俺はロールスロイスはさすがに向かない気がするが
第一車が大きすぎるし
俺は車は体とともに小気味よく動く車が好きだ
いわゆる「FUN TO DRIVE」ができる車でないと落ち着かない

同じイギリス車でロールスロイスに比べ
アストンマーチンも高級車といわれているが
値段を考えないならば、こちらは本当に楽しめる車であろう

ストイックで重厚な動きだがスポーツカー
高級感よりもスポーティ
ジェームズボンド007ご用達の車という設定(架空の話だから)

そのイメージがいい
なんせボンドカーと言われている

俺としたらDB9が好みなんだけど
どのアストンマーチンもエンジンからトランスミッション、
ボディだって職人が手で組み立てている
というくらいのこだわりがある
なんていったってアストンマーチン
のデザインは
かなりのこだわりを感じてしまう

俺はモーターショーにいくと必ずいくところは
アストンマーチンのところ
他ももちろん行くけれど、
まあ毎年同じ感じで見たり少し感動したり・・・
しかし、アストンマーチンだけは
いつも見るほどドキドキしてしまう
ボディーの色は鈍いメタリックでも、
車自体が俺の心臓に輝いてくる

そんなアストンマーチン
乗れる日は多分一生来ないと思うけれど(いやいやわかんない〜)
思いだけは自由だから
また俺はアストンマーチンをこれからも見つめていこう








posted by 博 at 14:50| 東京 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いろんな車達、楽しみをありがとう…車の思い出…1

私は20才の時に初めて自動車を所有して乗ることが出来た。

当時の中古車で25万円であったのを覚えている。

ケンとメリーの愛のスカイライン

2000GTX・白・2ドア・ハードトップ

kenmeri.gif

当時すごい人気だったケンとメリーのスカイライン
今見るとやけに新鮮さを感じてしまう

本当はハコスカのGTRに乗りたかったが

予算がとんでもなく合わなかった。

でもいつかはGTRに乗りたい・・・

当時の日本の車ファンであるならば

そう異論は無いのではないかなあ〜〜


ケンメリはとっても楽しい車でした。

日産プリンスのコマーシャルも頻繁に流れていました。

当時は大田区池上に住んで居りましたが、

夜の第二京浜国道を

ひたすら下っていき伊豆半島をぐるりと

一周して沼津まで行き、246号線を今度は

上っていったり、国道1号線で箱根越えをしたり

・・・とドライブを楽しんでいました。

とにかく私は良く走り回りました。



免許を取って32年が経ちますが、

総走行距離の累計は2200000km以上です。

地球と月の3往復分は走っています。

ほんとです!

今でも半年に50000kmは走ります。

私の職業はトラックヤロー(笑)ではありません。



オイルを開発するために実装テストを兼ねて

とにかく走って走って走って走りました。

そうして商品を比較テストしながら今日に至っています。


これから、少しずつですがいろんな思い出話も含めて

書きたいと思います。







posted by 博 at 11:46| 東京 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
新しい画像 (9).bmp   Lubtech-logo-green.jpg
prospec2-b.jpg  LAPUTA_04.jpg   boron_logo_01.jpg
ポチットクリックお願いします。ありがとうございました!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。