新しい画像 (9).bmp   Lubtech-logo-green.jpg
prospec2-b.jpg  LAPUTA_04.jpg   boron_logo_01.jpg
人気ブログランキングへ
ポチットクリックお願いします。ありがとうございました!

2008年09月10日

車の思い出…2 フェアレディーZ(S-30Z)

初代(S30型、1969-1978年)

s-30 01

S-30Z ショウートノーズ(写真…ウイキペディアより)

1969年 前身となるオープンボディの「フェアレディ」に代わって登場。国内では2種類の2リットル直列6気筒エンジンが設定され、そのうちのスカイラインGT-Rと同じS20型エンジンを搭載する「Z432」が歴代最強のZとされている。「432」とは、「4バルブ・3キャブレター・2カム」の意であり、搭載されるS20型エンジンの構造に由来する。競技使用向けにアクリル製ウィンドウ採用等の軽量化が施された「432R」も存在した。
アメリカではダットサン・スポーツのブランドで、2.4、2.6、2.8リットルの直6エンジンを搭載した「240Z」「260Z」「280Z」を発売。その後、国内でも「240Z」「240ZG」、4人乗りの「2 by 2」を追加。世界総販売台数55万台という空前の記録を樹立。
1971年1月 「全日本鈴鹿300kmレース」にて「ダットサン240Z」が優勝。 1971年6月 「富士グラン300マイル」GCクラスにて「ダットサン240Z」が優勝。
1972年6月 「富士グラン300マイルレース」にて「フェアレディ240Z」が優勝。
1973年4月 「レース・ド・ニッポン」にて「フェアレディ240ZR」が2位獲得。 1973年5月 「全日本鈴鹿1000kmレース」にて「フェアレディ240ZR」が総合優勝を飾る。
1976年7月 NAPS仕様のS31型が登場。
1978年5月 「78 JAF富士グランプリ」GTSクラスにて「フェアレディ280Z」が2位獲得。
1978年9月 「富士インター200マイルレース」スーパーT&GTクラスにて「フェアレディ240Z」が優勝。
国際ラリーでも活躍し、1973年のサファリラリーでは総合優勝を飾る。
S30型は今でも人気が高く、ファンは多い。中古車としても多く出回っているが、その多くは今までのオーナーによって何らかの改造が施されたものであり、何の改造も施されていない完全オリジナルのものを手に入れるのは難しい。

以下の4枚の写真は「s-30zのある風景」よりお借りしました。
http://datsun30.hp.infoseek.co.jp/photo/photo_index.html
http://datsun30.hp.infoseek.co.jp/

もっとたくさんの写真集があります。素敵ですよ…
 
 
s-30zg 01

当時を思い出す同型の「Z」
それにしても美しいフォルムだ!

s-30zg 02

s-30zg 03

「z」と言えば、この色・マルーン、世界にこのGノーズと伝染して行った



1962年に、国内向けに初めて登場したのが『フェアレディ1500 SP310』。
リアが横向きのシートで変則的な3シーターでした。

エンジンは直列4気筒OHV1488cc 。1965年には、排気量が1600ccにアップされ 最高出力90ps 最高速度が165km に達し 国際的にも充分通用するスポーツカーになりました。

さらに 1967年には『SR311』 に発展し 直列4気筒 SOHC 1982cc になりましたが、スタイリングは継承し しかも 910kgという軽量ボディーでした。最高出力190ps 最高時速は205kmに達しました。

そしてついに 初代『フェアレディーZ』が1969年に 2タイプの『S30』が誕生しました。
共に2000cc 直列6気筒エンジンで、そのうち『スカイラインGT-R』と同じ S20型エンジンを搭載するのが『Z432』。この「432」とは「4バルブ・3キャブレター・2カム」という意味で、S20型エンジンに構造によるものです。

全長×全幅×全高   : 4115×1630×1290mm
ホイールベース    : 2305mm
重量         : 1040kg
乗車定員       : 2名
トランスミッション  : 5速MT
エンジン       : 直列6気筒DOHC
排気量        : 1988 cc
ボア×ストローク   : 82.0×62.8mm
圧縮比        : 9.5:1
燃料供給       : ソレックス×2
最高出力       : 160PS/7000rpm
最大トルク      : 18.0kgm/5600rpm
最高速度       : 210km/h
サスペンション(前/後) : ストラット
ブレーキ(前/後)    : ディスク/LTドラム
 

歴代最強の「 Z 」といわれた『Z432』のスペックです。
その後1971年240Z』が登場。

なんといっても Gノーズとオーバーフェンダーが特徴的で、直列6気筒 SOHC 2393cc 最高出力 150ps、最高時速210kmに達する。私としてはこの2台が 歴代フェアレディーZ の中で「私のフェアレディーZ」なのです。
小さいころからの車に対する憧れ・・・スポーツカーの代名詞でした。

そして 2代目『S130』、1978年に『S30』からフルモデルチェンジをして登場しました。
先代のロングノーズのスタイルを継承していましたが、ちょっと一回り大きいかな・・・
L型 直列6気筒エンジンの「200Z」と「280Z」の設定でしたがエンジンの回り方からするとちょっと重い・・・

しかし、L型エンジンの ふけの重さや大型化による重量アップなどによって、
「セドリッククーペ」などと揶揄された事もありましたが、北米においては圧倒的な支持を得て、アメリカでは「インポート・カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞するなど『Z-car』というブランドを、この『S130』で確立させたと言えるのではないでしょうか。とにかくアメリカで受けた車である。

今では『フェアレディーZ』の基本とも言うべき V型エンジンが搭載されたのが 3代目『Z31』。ロングノーズなどのスタイルは当然引き継ぎながら、200kmオーバーでの高速安定性能を目指して開発されました。

sr311


私にとっての「Z」は、SR311とS30なのです。
自動車から受けた衝撃は、SR311を運転したときでした。
知り合いから約二週間車を預かり、適当に乗ってもいいですよと言われたので
大事に約1000kmほど走りました。
とにかくオープンカーの爽快感や、人馬一体感(これは良くマツダが使う表現んだが・・・)
小気味良い動きは本当にすばらしい・・・

私が乗ってた時代はケンメリが78年から80年、S30Zが81年、この時期に丁度SR311に
乗る事が出来たのである。私の車人生の大きな衝撃的な思い出である。
オープンカーのボディーの強度、更にねじれ強度は、今のようにスーパーコンピューターと
専用のソフトで解析するなどという事が出来ていない時代、いろんな事があるが、
そんなことを問題にするよりも、この車から受ける楽しみのほうがはるかに大きかった。

そして、ケンメリを処分し、そのお金とプラスαでS-30Zの中古を購入し、ファンツードライブを
楽しみました・・・


車の思い出・・・3へ





タグ:Z432 SR311 S30
posted by 博 at 13:01| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
新しい画像 (9).bmp   Lubtech-logo-green.jpg
prospec2-b.jpg  LAPUTA_04.jpg   boron_logo_01.jpg
ポチットクリックお願いします。ありがとうございました!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。